ハードです。だから、あなたは成長できる。 ハードです。だから、あなたは成長できる。

機関経営職採用とは、経営者候補の採用。 機関経営職採用とは、経営者候補の採用。

20代の若さで第一生命のオフィス長として営業オフィスの経営に携わり、
営業部長→支社長→経営層という明確なキャリアアップが用意されている。
だからこそ、求められる仕事の質は高く、やりがいは大きい。
全力で壁にぶつかり、また立ち上がって、壁を壊す。
全力で駆け抜ける場所を探すのなら、フィールドはここにある。

摩擦を恐れるな。摩擦が進歩を生む。 摩擦を恐れるな。摩擦が進歩を生む。

摩擦を恐れるな。摩擦が進歩を生む。 摩擦を恐れるな。摩擦が進歩を生む。

変化が摩擦を生み、摩擦が進歩を生む。
周囲を気にしてばかりいるようで、
自分が納得できる仕事ができるだろうか。
ぶつかってもかまわない。
あなたの本気に、私たちも本気で返そう。
年次も経験も関係がない。
お客さまのために何ができるか。
その基準の前ではベテランもルーキーも平等だ。

技術だけを身につけるな。人間力が人を動かす。 技術だけを身につけるな。人間力が人を動かす。

技術だけを身につけるな。人間力が人を動かす。 技術だけを身につけるな。人間力が人を動かす。

ビジネススキルは重要だ。
しかし、スキルだけでは人はついてこない。
組織はまとまらない。
人の心を動かせるのは心だけだ。
技術であなたを飾っても、
生身のあなたが成長しなければ何も心に響かない。
だから、全力で挑め。
そして、跳ね返されて、強くなれ。

人生を背負うことから逃げるな。 人生を背負うことから逃げるな。

人生を背負うことから逃げるな。 人生を背負うことから逃げるな。

人生を背負う。そのことから目を背けるな。
それがマネジメントをするということだ。
お客さまの人生を支え、その想いを背負うこと、
同じ営業オフィスで働く生涯設計デザイナーの想いを背負うこと、
あなたが指導することになる部下の想いを背負うこと。
想いを背負った分、責任は増す。
そしてその分、仕事の喜びは大きくなる。

目標の、その一歩先に踏み込め。 目標の、その一歩先に踏み込め。

目標の、その一歩先に踏み込め。 目標の、その一歩先に踏み込め。

私たちが求める仕事の水準は高い。プレッシャーも大きいだろう。
しかし、それを乗り越えることを目標にはするな。
与えられた目標は誰もが越えなければいけないハードル。
あなたが目指すものは何か。あなたが成し遂げたい仕事は何なのか。
そのゴールのために、さらにもう一歩踏み込め。
その一歩があなたを成長させる。